かしこい人の良番利用法 > 企業の番号における良番

サイトマップ

かしこい人の良番利用法

企業の番号における良番

どの企業にも商品をより多くの人に知ってもらい、
購入してもらいたいという目的があると思います。
その為に毎日どうやったらより売り上げが伸びるのかを考えて、
様々な工夫をしていると思います。

方法として大手の企業などはCMや宣伝広告を利用していますし、
地方のスーパーなどは新聞の折り込みチラシで売っているものを宣伝します。
最近ではインターネットの普及もあって、
多くの企業でホームページを作っているところも多いです。
企業の大小はあっても予算の中でやりくりしながら、
知ってもらう努力をしています。
そういった意味では電話番号というのはかなり重要で、
ここにこだわっている企業は意外と多いのです。

いわゆる良番と呼ばれる番号を購入して使用しているわけですが、
覚えてもらいやすい番号や
扱っている商品を連想させる番号にしているところはよく見かけます。
この良番の効果はかなり期待できるもので、経験がある人もいると思いますが
電話番号で企業名や商品名を思い浮かべ、購入に繋がることはめずらしくありません。
実際に売り上げも良番を使っているところと使っていないところでは
同じ業種でも違ってくると言われています。
電話番号は一度印象がついてしまえばなかなか頭から離れないものですし、
分かりやすく宣伝できるとても良いものなのです。

ですから多くの企業が連絡手段としてだけでなく、
宣伝効果も狙って伝わりやすい電話番号を求めるのです。
良番をわざわざ購入するのは、
それだけの効果が期待できるという証でもあると言えるでしょう。